スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Man make a difference

2012-01-21

Tag :

今日はただの愚痴です。
矛先ないからブログで勝手に1人で愚痴らせてもらいます。。
なので読む方は要注意です。多分長くなるし。

Man make a difference.

HIVのキャンペーンで言われてきた言葉。
男性の意識が、男性の行動が、これからのHIVの鍵を握ってるとのこと。

確かに性的に男性が優勢である国において、
異性間の関係だと男性が色んなことにおいて主導権を握ってますよね。
そしてほとんどの場合、HIVは男性が外から家庭にもらってくる。
だから男性の意識が変わらないとHIVは減らない。
コンドームを使うのも使わないのも、言えば男性が決める。(多くの途上国の場合)

男女平等化が進んだ国でこんな事言ったら女性側からも差別、偏見と言われそうですが。

本日わが職場に1組のご夫婦がHIV検査に。
奥さんは妊婦さんで、母子感染の検査に夫を連れ立ってというのここではかなり珍しい。

私は帰国2ヶ月前ということで
朝から大家さんに契約書解約の書類を渡すためにちょっと遅刻。

オフィスに入ると検査技師と夫が話をしていた。
そして話を聞いていると、奥さんがHIV陽性であることを話していた。
そして病院やこれからの事の説明。
途中からカウンセリングに入った私は、奥さんがわからないことを旦那に説明してるのかなーと思った。。

が、

その後奥さんを呼んで、なんと告知をしだす。

この事で夫婦が帰ったあと検査技師と私は半分口論の話し合いに。

検査技師は夫に質問をしたらHIV陽性であることを知っていた。
奥さんにも結婚前に話したと言っていた。
だから夫に先に妻の結果告知をした。説明をした。
だって妻が陽性だって分かってるわけでしょ?

私が検査結果は、検査した本人が最初に聞くべきで、
旦那に話すかどうかはその人本人が決めること。
いくら旦那が自分がHIV陽性だと知っていても。
そして旦那が陽性でも、妻が陰性であるカップルはたくさんある。

いくらそう説明しても、それは知っている。
でも今回は旦那がHIV陽性を前々から知っていたから旦那にカウンセリングして、
妻の告知もした。と、検査技師。

だからそれは賛成できない行動だ。というと、
言葉がわからないのか?の繰り替えし。

そして妻への陽性告知。
旦那は妻へ結婚前に陽性であることを伝えたと言ったと検査技師は言う。
じゃあなぜ妻は泣いているのか。
なぜお腹に赤ん坊を抱えた、まだ幼げの残る24歳の新妻は泣いているのか。
そしてなぜ泣いている妻に旦那は言葉一つなし、
指一本触れることもしないだろう。

よくよく聞くと、旦那はHIV陽性である疑いがある。
と言われ、再検査をしていない。と言う。
この期に及んで、彼は妻を汚い物でも見るような気持ちでいるのではないか。
まるでHIVを運んできたのはこの新妻かのように。(彼には第一婦人がすでにいる)

私はこういった夫婦間の関係の崩れ、女性側の精神的サポートからも、
絶対に旦那に先に妻の陽性を告知することはしてはいけない。
旦那がいくら妻には自分がHIVであることを言っていると言っても、
それが本当かなんて誰がわかるのか?私はそれを信じてない。
だって奥さんは泣いてたじゃない。と。
でも検査技師は、夫側がそういったんだもの。
私にどうやってわかれと?私の責任?と。

言っても無駄な気がしたけど、
私は先の事もあるので、でも私はあなたの行動に賛成できない。
とだけつぶやいて話合いを終わりに。


男性優勢の国では、女性の目線も男性側をサポートする事が多い。
検査技師は女性。けれど彼女は旦那側から物事を見た。
泣いている奥さんを何故泣いてるのか、と笑った。
知ってるのに結婚したんだろ。と言わんばかりに。

旦那は確かに言ったのかもしれない。
でも20歳そこそこ、学校もまともに出てない女の子に、
HIVの説明をちょろっとしたってわかるわけない。
彼女の両親だってきちんと説明をされてるとは思えない。
私のHIVの偏見ではないが、セネガルで誰が若い娘を10歳以上年上の
HIV陽性の第2婦人にさせるのだろう。

そしてこの一連を知らん顔しているセンター長。
検査技師がもともと陽性の告知などするべきではないと思う。
でもセンター長はお前(私)が検査技師に知識を与えたから大丈夫。
私は陰性の時用に一般的な知識や方法を教えたのであって、
彼女は陽性者用の特別な訓練をしたわけじゃない。

セネガル人は弱い者の立場になって
物事を考えれる人がとても少ないと感じる。

男性以外にも変わるべき者、事はたくさんある。

どうやったら変わるんだろう。




もう2012年

2012-01-11

Tag :

早いもので新しい年がやってきました。

今年は2回目の半そで年越し。
去年より少し寒くて微妙に長袖着てたけど。
でも大分暖かくなり始めて、今日は汗かく一日でした。

1年で数回しか雪がちらつかない街に生まれ育ち、
大学時代は雪で学校が休校になるような街に住み、
現在は1年間を半そでで過ごせるような街で暮らす日々。

元気にしていると、色んな年越しが体験できるものです。

来年はどこにいるんだろう。
元気で迎えれた新年に感謝。

残り2ヶ月となったセネガル生活を満喫したいと思います。

こんな私ですが、今年もよろしくお願い致します。


12月その3

2011-12-30

Tag :

総会後現在は任地ルーガです。
今年の年越しもこちらで。
去年は人が集まる会場へ行ってはみたものの、カウントダウンもなく。。。
きっと今年もないんだろうなぁ。地方都市っぽくてそれもいいです。

セネガル2回目で最後の年越しです。半そで年越し。
そして2011年はセネガルの年でした。任国外へ旅行へは出たけど・・・

明日は活動が終わってから
サバの昆布巻きと伊達巻を作る予定。なんちゃっておせちです。
暦通り配属先は開いてるので、31日と1日のみが休み。
2日から活動か~と思うと日本人的にいやだなぁって思っちゃうけど、
まぁ日本の皆様も2日から働く人多いですからね。


2011年体の調子もちょこちょこくずれたけど、結果現在健康なのでよしとする。
ありがたいことです。元気に産んでもらった両親に感謝。

皆様もよいお年をお迎えくださいませませ。(さだまさし風)

umi2.jpg

12月その2

2011-12-30

Tag :

中旬は隊員総会なのでダカール上京。
年に2回全隊員が集まる総会は、
前回がダカールの治安悪化で中止になったので、1年ぶり。

隊員が100人を越えて初めての総会でした。
かなり分からない隊員が多くて戸惑う。すごいなぁ。これだけがセネガルにいるなんて。
ちなみに協力隊員が派遣されている国の中で世界一の隊員数です。
そして私はセネガル隊の中でも同期が一番多く
(18人プラスニジェールからの振り替え4人)
そして同任地、ルーガ市の隊員数もセネガルの隊員赴任地で一番多いのです。
(11人プラス日本人専門家4人)
まさに日本人天国?

話はそれましたが、
ダカールでは美味しい物を食べ栄養補給。

そのときにダウン症のドラマータケオ君のドキュメンタリー
「タケオ」のプチ上映会をさせてもらいました。
見た隊員はみんな感動してくれたみたいでよかった。
彼がセネガルに来た時の映像がメインのドキュメンタリーですが、
セネガルよりもタケオ君の生き方に皆さん見せられたようです。
まだDVDも発売されていないなか、
いち早くサンプル版をわざわざセネガルまで
送ってくださったタケオ君のお母様に本当に感謝。

「タケオ」公式HP。
http://www.takeo-cinema.jp/

タケオ君がセネガルに来た時のブログ。お母様が書かれてます。
http://takeoyume.exblog.jp/i3

12月その1

2011-12-30

Tag :

早くも年の瀬を迎えました2011。
ありきたりだけど、本当あっという間でしたこの一年。
ここ最近ネットがずっと繋がっていなかったので
12月をさらっと。

12月、数日前から水が断水。
3日間完全に断水してあせる。それ以降も現在まで3日に1回くらい
夜中に水が数時間でる状態。昔はほぼ毎日夜23時以降は水が出てた。
でも人間ってなれるんだなぁと自分にもまだこれ以上の順応能力が残ってたかと感心?
現在は週に1、2回数時間水が出れば(そのときに水汲みできれば)
よゆうで生きていけるようになりました。

そして1日のエイズデーからはじまり、
今年は普通の出張検査で終わり。
セネガルのエイズ対策への盛り下がりをあらわすかのような1日。
陽性者団体も、州レベルの保健省の人も、すべての人が特に何もしないとの回答。
まぁ村での出張検査はルーガから2組くらい出たけど。(普段もこんな日ある)

その日同期が来て、次の日ルーガから西へ約40キロの海に行きました。
砂の街ルーガ、しかし真西へ行けば大西洋に出ます。
真っ白い砂浜が100メートル近く海に出るまであり、(すごい疲れる)
落ちているのは貝殻のみという綺麗さ。
umihitori.jpg
大西洋独り占め。

癒されたかと思いきや、翌日なぞの蕁麻疹発生。
寒冷蕁麻疹は経験あったけど、こういうのはあまりない。
しかも24時間経ってもいっこうに引かず、病院にいって注射。
人生初の静脈注射で、採血と間違ってるんじゃないかと本気でセネガル人医師を疑う。
そしてびびる。ごめんなさい。
2arm.jpg
これは3日目。お昼にチェブジェン食べてまた出た。

蕁麻疹初日にガボンの同期ミスターストイックがルーガ到着。
痒いの我慢できずかきまくり、
具合も悪くなったりしながらの接待だったけど、ルーガ楽しかったそうなのでよかった。
wbala.jpg
ミスターのリクエストでおみやげのガボンのユニフォームをきて
Wバランス。@我が家リビング。

12月頭初旬はバタバタとすぎました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。