スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Man make a difference

2012-01-21

Tag :

今日はただの愚痴です。
矛先ないからブログで勝手に1人で愚痴らせてもらいます。。
なので読む方は要注意です。多分長くなるし。

Man make a difference.

HIVのキャンペーンで言われてきた言葉。
男性の意識が、男性の行動が、これからのHIVの鍵を握ってるとのこと。

確かに性的に男性が優勢である国において、
異性間の関係だと男性が色んなことにおいて主導権を握ってますよね。
そしてほとんどの場合、HIVは男性が外から家庭にもらってくる。
だから男性の意識が変わらないとHIVは減らない。
コンドームを使うのも使わないのも、言えば男性が決める。(多くの途上国の場合)

男女平等化が進んだ国でこんな事言ったら女性側からも差別、偏見と言われそうですが。

本日わが職場に1組のご夫婦がHIV検査に。
奥さんは妊婦さんで、母子感染の検査に夫を連れ立ってというのここではかなり珍しい。

私は帰国2ヶ月前ということで
朝から大家さんに契約書解約の書類を渡すためにちょっと遅刻。

オフィスに入ると検査技師と夫が話をしていた。
そして話を聞いていると、奥さんがHIV陽性であることを話していた。
そして病院やこれからの事の説明。
途中からカウンセリングに入った私は、奥さんがわからないことを旦那に説明してるのかなーと思った。。

が、

その後奥さんを呼んで、なんと告知をしだす。

この事で夫婦が帰ったあと検査技師と私は半分口論の話し合いに。

検査技師は夫に質問をしたらHIV陽性であることを知っていた。
奥さんにも結婚前に話したと言っていた。
だから夫に先に妻の結果告知をした。説明をした。
だって妻が陽性だって分かってるわけでしょ?

私が検査結果は、検査した本人が最初に聞くべきで、
旦那に話すかどうかはその人本人が決めること。
いくら旦那が自分がHIV陽性だと知っていても。
そして旦那が陽性でも、妻が陰性であるカップルはたくさんある。

いくらそう説明しても、それは知っている。
でも今回は旦那がHIV陽性を前々から知っていたから旦那にカウンセリングして、
妻の告知もした。と、検査技師。

だからそれは賛成できない行動だ。というと、
言葉がわからないのか?の繰り替えし。

そして妻への陽性告知。
旦那は妻へ結婚前に陽性であることを伝えたと言ったと検査技師は言う。
じゃあなぜ妻は泣いているのか。
なぜお腹に赤ん坊を抱えた、まだ幼げの残る24歳の新妻は泣いているのか。
そしてなぜ泣いている妻に旦那は言葉一つなし、
指一本触れることもしないだろう。

よくよく聞くと、旦那はHIV陽性である疑いがある。
と言われ、再検査をしていない。と言う。
この期に及んで、彼は妻を汚い物でも見るような気持ちでいるのではないか。
まるでHIVを運んできたのはこの新妻かのように。(彼には第一婦人がすでにいる)

私はこういった夫婦間の関係の崩れ、女性側の精神的サポートからも、
絶対に旦那に先に妻の陽性を告知することはしてはいけない。
旦那がいくら妻には自分がHIVであることを言っていると言っても、
それが本当かなんて誰がわかるのか?私はそれを信じてない。
だって奥さんは泣いてたじゃない。と。
でも検査技師は、夫側がそういったんだもの。
私にどうやってわかれと?私の責任?と。

言っても無駄な気がしたけど、
私は先の事もあるので、でも私はあなたの行動に賛成できない。
とだけつぶやいて話合いを終わりに。


男性優勢の国では、女性の目線も男性側をサポートする事が多い。
検査技師は女性。けれど彼女は旦那側から物事を見た。
泣いている奥さんを何故泣いてるのか、と笑った。
知ってるのに結婚したんだろ。と言わんばかりに。

旦那は確かに言ったのかもしれない。
でも20歳そこそこ、学校もまともに出てない女の子に、
HIVの説明をちょろっとしたってわかるわけない。
彼女の両親だってきちんと説明をされてるとは思えない。
私のHIVの偏見ではないが、セネガルで誰が若い娘を10歳以上年上の
HIV陽性の第2婦人にさせるのだろう。

そしてこの一連を知らん顔しているセンター長。
検査技師がもともと陽性の告知などするべきではないと思う。
でもセンター長はお前(私)が検査技師に知識を与えたから大丈夫。
私は陰性の時用に一般的な知識や方法を教えたのであって、
彼女は陽性者用の特別な訓練をしたわけじゃない。

セネガル人は弱い者の立場になって
物事を考えれる人がとても少ないと感じる。

男性以外にも変わるべき者、事はたくさんある。

どうやったら変わるんだろう。




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。