スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暑くなってきました

2012-02-29

Tag :

でも夜は涼しい風が吹いて食後のコーヒーがやめれません。

少し前ですが配属先の外壁を塗り塗りしました。

pait1.jpg
塗る前 (play boysたるらくがきが。なぜに複数形?)



pait2.jpg
塗ったあと。(奥に見える建物が配属先です)

ずーっと前に紹介したビース作品をちまちま売っていたんですが、
その売上金を使ってペンキ購入して、素人仕事で隊員プラス同僚で塗り上げました。

pait3.jpg
今回の頑張ったで賞、検査技師のンデイ・マリ。
最初は枠をとった文字の中の色塗りしかしてなかったけど、
私がもう疲れたー好きに書いて。と言ったのでしぶしぶ好きに書いてくれました。

今まであまり知られていなかった配属先。
描いている時からここはなんだ?と質問攻め。
描きあがってから新規のウォークインが増えるなど、さっそく効果てきめんです。

実はこの壁画制作には続きがあって、
今回私がペンキを買って塗ったのは実は長い壁の一部。
配属先の目の前のみ。

pait4.jpg
奥に見える白いところ。

私たちがペンキを塗り始めた光景を見たスタッフ達が、
今まで何の気も留めてなかったのに
他の壁も塗るべきだと私の配属先の上の機関のボスを説得。
(手前の大きい建物が上の機関)
そして長い壁全部が、彼女のポケットマネーより支払われたペンキで塗られました。
(私は相当長い時間かけてお金貯めたのに・・・)

paint5.jpg
でも完全に彼女の趣味で、黄色とピンクのストライプ。ん~。

やりだすと気になるのか、
壁沿いに落ちていたごみも撤去。(1,2枚目の写真がわかりやすい)
きっと皆気になってたけど、発起人になるのは面倒なんでしょうね。
まぁお金を払ったボスはとんだとばっちりを受けたかたちになったかもしれませんが、
皆を刺激できてよかったかな。利用者も増えたしー。



スポンサーサイト

Man make a difference

2012-01-21

Tag :

今日はただの愚痴です。
矛先ないからブログで勝手に1人で愚痴らせてもらいます。。
なので読む方は要注意です。多分長くなるし。

Man make a difference.

HIVのキャンペーンで言われてきた言葉。
男性の意識が、男性の行動が、これからのHIVの鍵を握ってるとのこと。

確かに性的に男性が優勢である国において、
異性間の関係だと男性が色んなことにおいて主導権を握ってますよね。
そしてほとんどの場合、HIVは男性が外から家庭にもらってくる。
だから男性の意識が変わらないとHIVは減らない。
コンドームを使うのも使わないのも、言えば男性が決める。(多くの途上国の場合)

男女平等化が進んだ国でこんな事言ったら女性側からも差別、偏見と言われそうですが。

本日わが職場に1組のご夫婦がHIV検査に。
奥さんは妊婦さんで、母子感染の検査に夫を連れ立ってというのここではかなり珍しい。

私は帰国2ヶ月前ということで
朝から大家さんに契約書解約の書類を渡すためにちょっと遅刻。

オフィスに入ると検査技師と夫が話をしていた。
そして話を聞いていると、奥さんがHIV陽性であることを話していた。
そして病院やこれからの事の説明。
途中からカウンセリングに入った私は、奥さんがわからないことを旦那に説明してるのかなーと思った。。

が、

その後奥さんを呼んで、なんと告知をしだす。

この事で夫婦が帰ったあと検査技師と私は半分口論の話し合いに。

検査技師は夫に質問をしたらHIV陽性であることを知っていた。
奥さんにも結婚前に話したと言っていた。
だから夫に先に妻の結果告知をした。説明をした。
だって妻が陽性だって分かってるわけでしょ?

私が検査結果は、検査した本人が最初に聞くべきで、
旦那に話すかどうかはその人本人が決めること。
いくら旦那が自分がHIV陽性だと知っていても。
そして旦那が陽性でも、妻が陰性であるカップルはたくさんある。

いくらそう説明しても、それは知っている。
でも今回は旦那がHIV陽性を前々から知っていたから旦那にカウンセリングして、
妻の告知もした。と、検査技師。

だからそれは賛成できない行動だ。というと、
言葉がわからないのか?の繰り替えし。

そして妻への陽性告知。
旦那は妻へ結婚前に陽性であることを伝えたと言ったと検査技師は言う。
じゃあなぜ妻は泣いているのか。
なぜお腹に赤ん坊を抱えた、まだ幼げの残る24歳の新妻は泣いているのか。
そしてなぜ泣いている妻に旦那は言葉一つなし、
指一本触れることもしないだろう。

よくよく聞くと、旦那はHIV陽性である疑いがある。
と言われ、再検査をしていない。と言う。
この期に及んで、彼は妻を汚い物でも見るような気持ちでいるのではないか。
まるでHIVを運んできたのはこの新妻かのように。(彼には第一婦人がすでにいる)

私はこういった夫婦間の関係の崩れ、女性側の精神的サポートからも、
絶対に旦那に先に妻の陽性を告知することはしてはいけない。
旦那がいくら妻には自分がHIVであることを言っていると言っても、
それが本当かなんて誰がわかるのか?私はそれを信じてない。
だって奥さんは泣いてたじゃない。と。
でも検査技師は、夫側がそういったんだもの。
私にどうやってわかれと?私の責任?と。

言っても無駄な気がしたけど、
私は先の事もあるので、でも私はあなたの行動に賛成できない。
とだけつぶやいて話合いを終わりに。


男性優勢の国では、女性の目線も男性側をサポートする事が多い。
検査技師は女性。けれど彼女は旦那側から物事を見た。
泣いている奥さんを何故泣いてるのか、と笑った。
知ってるのに結婚したんだろ。と言わんばかりに。

旦那は確かに言ったのかもしれない。
でも20歳そこそこ、学校もまともに出てない女の子に、
HIVの説明をちょろっとしたってわかるわけない。
彼女の両親だってきちんと説明をされてるとは思えない。
私のHIVの偏見ではないが、セネガルで誰が若い娘を10歳以上年上の
HIV陽性の第2婦人にさせるのだろう。

そしてこの一連を知らん顔しているセンター長。
検査技師がもともと陽性の告知などするべきではないと思う。
でもセンター長はお前(私)が検査技師に知識を与えたから大丈夫。
私は陰性の時用に一般的な知識や方法を教えたのであって、
彼女は陽性者用の特別な訓練をしたわけじゃない。

セネガル人は弱い者の立場になって
物事を考えれる人がとても少ないと感じる。

男性以外にも変わるべき者、事はたくさんある。

どうやったら変わるんだろう。




ちょっと思っただけ

2011-07-09

Tag :

新しく来た検査技師はとても貪欲に知識を吸収してくれる人で、
ただの検査技師なのに現在ではエイズについての知識は立派な物に。

私のつたないウォロフレンチで説明するより彼女が説明したほうがよっぽど
わかりやすくて説得力ある。

私なんにもやってないな~って思うけど、まぁ彼女に知識入れたの自分だしいいっか~。

でも今日来た高校生、キスでHIVはうつるんですか?って10年前のような質問を。。
やっぱやってるって言ってもセネガルの性教育、なにやってるんですかー。
出張検査が減ったら学校の性教育やりたいけども。陽性者支援が一番だけど。。

第2のふるさとであるニューヨーク州では同姓同士の結婚が認められ
(アメリカで8州目かな)
どんどん性の自由が広まって行ってるけど、
こちらではゲイってどこに隠れてるんだろうってぐらいです。

日本ではいつ認められるようになるんだろう。同姓結婚。
夫婦別姓もまだ認められてない国だから時間かかるだろうな~。

って意味のないつぶやきでした。



lop.jpg

ゲイでよかった!!!

2011-06-24

Tag :



http://blog.livedoor.jp/pinkbear52/archives/51888479.html

私が個人的に尊敬しているエイズ団体代表の方のお言葉です。

私が共感しているのは
彼がゲイだから、HIV陽性だから。。
そう言った事ではなくて、

自分が歩んできた道を後悔せず、
今自分の置かれている現実に感謝し、
自分が自分でよかったと声を大にして言っているところ。


これは誰にだってあてはまるはず。


私は何の特別な要素も持っていない普通の20代女性だけど、

この道を選び、この人生を歩み、この仲間達に囲まれている自分を

私が私でよかった。

心からそう思っています。



話は随分それましたが、まだちょっと続けます。

2011-06-09

Tag :

ニュー検査技師がやってきて固定検査、出張検査も復活。
ペアエドゥケーターとの啓発活動。
配属先サービスの向上。コンドーム、コンドーム。

・・・

なんか活動も模索してやってきましたが、
なんか今行きついた先は、

エイズはセネガルでもとても問題視されているので
プロジェクトやらもあり、啓発、検査は質はどうであれ
なにかしら色々と行われている。
私が何をやってもやらなくても、一応事はおこっているんです。
しかも結構いろんな機関、団体で。

皆がやってる事に首突っ込んであーだこーだやるのも
いいかもしれませんが、
やってる人がすでに沢山いるんだったら、
皆がまだやれてないことをしたいな。

と、思うようになってきました。(遅い)

HIV陽性率が1%未満と、アフリカで郡を抜く?低さを誇るセネガルは、
予防啓発、早期検査ばかりが重要視されていて、(もちろん大事)
その1%未満が無視されているに近いんです。

そう、ずばり陽性者支援。

これが私が今一番やりたいことです。

しかーし!!

これは私の力だけじゃどうしようもない。
だって陽性者とのつながりがないから。
(陽性者が少ないから普段出会えない)

陽性者グループがあって、
なんか彼ら用の家みたいなところに皆集まってるんだよ。
って教えてくれたまではいいセンター長。

一緒にこういうアクティビティや
収入向上を考えたいんだ!

と案を掲げ訴えていますが、
いまだにその家に連れて行ってもらえません。(単に面倒だったり、忘れてたり)
もちろんプライバシーの問題から
その家の場所は極秘です。

いつ連れて行ってもらえるやら。

それまでこまごました活動続けますよ。



amekodomo.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。